SFAでのチームワークの支援

SFAでは営業支援ということですので、営業に携わっている人たちすべての支援ということもシステムのうちにはあるのでしょうが、チームワークでの支援ということでも、チームワークへの支援ということでも、非常に強力な営業支援ができるのではないかという感じもします。システムというのは要するに効率化するということですし、無駄をなくして、あるいは必要なムダを残して、不要なムダをなくしていくということでもありますので、その意味でも営業の部署や担当者への支援ということでのチームワークを高めることができるのか、できるシステムなのかということも、検討してみる必要があるだろうということになります。特に重要なのが情報の共有で、それがスムーズに行くと無駄が少なくなり営業の成績も上がるという予想ができます。その点でもSFAは重要なシステムになりえます。

SFAでのチームワークの支援と考え方

SFAを営業支援として利用する場合ですが、いちばん効率的な方法では、やはりチームワークということだろうと考えます。ひとつの成約をした場合に、それを成し遂げた営業マンだけの実績とは考えないということで、それに関わったすべてのチームの構成員の実績だと考えられる社風を持つということが、SFAを有効に活かすということにもつながるのではないかと考えられます。昔は自分だけの実績で、一匹狼という感じが営業マンで、誰にも成約などの方法を教えないということでしたが、今ではその方法も時代遅れで、成績を上げる場合でも、できるだけ多くの社員を巻き込んで協力をさせながら実績を上げていくというのが、最善の方法ではないかということです。そうすると営業の担当者の時間のロスが少なくなり、成約できる数が大きく増えていくからですが、その理解がないと、なかなかシステム運用もできづらくなります。

SFAとその他のシステムとの連動

SFAというシステムは営業支援ということですが、ひとつの会社を経営していると、システムはたくさんあり、特に規模が大きな企業などでも、あまりにも色々なシステムがありすぎて、管理するのも大変という会社も多いようです。常に効率的に採算の合ったシステムを如何に導入して、進化させていくかということが、頭の痛い問題にもなりますし、それだけの能力や視点に立てる社員がどれほどいるかも、その会社の実力ということでもあります。その点から見ても、SFA単独での運用はあまり効果的ではなく、例えば顧客管理システムのCRMなども取り込んで、実績を上げていくということも必要になりますし、新しい営業関係のシステムも導入を常に考えるという姿勢も必要になります。そのためにもその関係の情報を常に更新しておくということも必要になるのが、営業関係の担当者や責任者ということになります。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です