SFAと営業支援とシステムの性格

SFAでのシステムの営業支援ですが、当然ぞれぞれの業者では、自社で工夫されたシステムを販売しています。中には自社で非常に便利に使えたので、それを製品化して業績をのばしているという会社もありましたが、その場合には、確かに自社で利用して開発しているので、他の会社が利用しやすいように改良もしやすいだろうということもありますので、それも強みになります。しかし導入する会社の場合には、販売されているシステムの中で、いちばん自社に合ったシステムを導入してこそ、メリットも最大限に生かせますし、安くはないシステム導入ですので、間違いは出来ないということでもあります。その意味でも、今の営業で何を修正したいのか、そのためにはどのソフトやシステムが一番良いのかを確認する目も必要になります。あくまでも自社に有利なシステムという考えで選ぶべきということになります。世間の評判はその材料に過ぎません。

SFAと営業支援とシステムの効率化

SFAでは営業という手法の効率化を目指して導入される営業支援システムということですが、営業の経験者には、営業といってもすべきことがたくさんあり、最終目的であるセールスまでに行き着くまでが、準備もあり大変だということはよく理解されているのではないかということですが、営業支援とは、それらを如何に支援できるかということで、最終目的のセールス以外の準備を出来るだけ楽にする、負担を軽くするというためのシステムということになり、それができていなければ導入しても意味がなかった、あるいはかえってリズムが狂ってしまい、実績が落ちたということにもなりかねないということになります。あくまでも営業支援が出来て、なんぼということですので、できるだけ専門の会社の担当者と相談をして、最善の導入をすべきということになります。

SFAの営業支援とシステムと具体的な項目

SFAには色々な特色があり、それぞれ販売しているシステムのタイプもあります。顧客管理が得意なシステムとか、社員同士の情報交換が得意なシステムとか様々ですが、それは導入する会社により色々理由があり、決まっていないということがあるからだろうということになります。要するに導入会社により、営業支援の考え方が違ってくるということで、できるだけスムーズに導入するということでも、よく自社の状況を知って、現場の営業の状態と必要なものを理解しておくのが大切です。時々会社の幹部や経営者が、自分たちが良いと思って導入してしまい、表立って反対できないですから、無理をして利用するということもあるようです。やはり現場がうまく利用できることが、会社の利益にもかなっているということですので、それらのシステムは、まず現場に聞いてみる、試しに利用してみてもらい、実績の結果を見てみるのが必要になります。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です