SFAに存在する伝承能力

高い営業成績を出し続ける人には、それぞれでコツを持っている場合が多々あります。それは入念な計画や、細部に至る顧客への心配りなど、幾多もの方法があると言えるでしょう。更に契約へとつながるプロセスにも大きな一因があり、それらの組み合わせがノウハウとして、営業活動に良好な結果をもたらすことになります。そして、それらのノウハウを持つ営業マンが企業内のパソコンやデータサーバーにSFAを用いて記録することにより、その他の従業員でも営業業務でその入力データを役立てることができます。例えば接点記録の入力などはSFAの代表的な機能でありますが、蓄えられた成功事例の接点記録を順を追って確認することにより、契約までの道程を詳細に知ることができます。その為、SFAには契約に至るノウハウを他の従業員や、今後の従業員にも伝承する能力があります。

SFAについてのこと

SFAと聞いても一般の人には馴染みがなくあまり知られていない言葉ではないでしょうか。これは、営業の人ならば身近なもので、企業で利用される情報システムやソフトウェアの一種です。営業活動の支援をしてくれるソフトでとても便利なものの一つとして各企業で取り入れられています。顧客に関係する情報を管理し記録してくれるので、過去の商談などについてが一目でわかるので仕事の効率が格段にアップするのです。SFAを利用することにより、常に新しい情報が会社のチーム全体にわかるようになり、話の食い違いを防ぐこともできるし、わざわざ伝える手間も省けるので、本来の仕事のみに集中して取り組むことができます。SFAを使っている企業と使っていない企業とでは、同じような仕事内容でも1日にこなせる仕事量が違ってくるのでその効率がよくわかります。

最近のトレンドワードSFA

最近のトレンドワードの一つにSFAというものがあります。これはSalesForceAutomationの頭文字をそろえたものです。簡単に訳するところの意味は営業支援とのことです。最近流行の営業管理の位置づけに値するシステムを構築し販売する会社がよく多用しているワードとなります。営業支援とはいうものの実際は営業活動の可視化や営業マンの管理を行ううえでのシステム構築のフォローや販売となります。営業マンの必要とするカレンダー機能、見積書作成や紐付け機能、請求書発行機能、日報管理機能なども含めた営業全般を効率化するための管理体系です。コンサルタンティング会社が担当する会社の営業部門に当てはめて、経営層による営業活動の管理を行います。経営層からの評判はかなりいいシステムを会社に導入することになります。肝心な営業部門はなれないシステムに降りまわされるだけでなく、慣習などが通用しなくなるので受け入れがたいシステムとなる場合が多いです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です