SFAと営業支援の円滑化

SFAはSalesForceAutomationの略ですが、日本語では営業支援ツールということになります。特に今の時代ではインターネットを利用しないビジネスは考えられませんが、営業支援ツールも利用していない企業の方が少ないでしょうし、殆ど無いのではないかという状態です。後は自社にとって有利に使えるかどうかということに絞られてくるでしょう。それで自分の会社で作ったり、専門の企業の便利なツールを導入したりしますが、どれがいちばん自社にとって良いものかというのは使ってみて初めてわかり、その延長線上で改良も出来て、肌に合うシステムになっていくということがあります。ですので、まずは専門業者と相談してみることが良いのではないかということになります。またあくまでも導入したままではなくて、カスタマイズするということも考えておくべきでしょう。自社で作り変えるという感じです。

SFAと営業支援と導入の結果

SFAに限りませんが、良かれと思って導入した結果、思ってもみないデメリットがわかったという例もたくさんあります。以前自社で開発できる技術がある企業が、独自の営業支援システムを作るということで、興味がある人たちが頼まれて作ったことがあるそうで、それはもちろん専門業者の担当者と相談してのことでした。それであれもこれも取り入れて、完璧なSFAを作ったということで、これで営業も非常に便利になるだろうと自信を持ったということでしたが、いざ利用してみると、最初のうちは利用されていましたし、評判も良かったのですが、そのうちに誰も使わなくなり理由を調べてみると、非常に単純だったそうです。要するにあまりにも機能を詰め込み過ぎたので、起動するまでとか利用するまでに時間がかかりすぎて、要するに重すぎて役に立たなかったということでした。専門家たちでも、肝心な素人が気が付きそうなことがわかりませんでした。そのようなこともあるので、まずは既存の専門業者のシステムから入るのが良いようです。

SFAと営業支援と導入とポイント

SFAとは営業支援システムやソフトのことですが、それだけ見ると何でも支援してくれて、非常に便利なシステムだろうと思ってしまいますし、自分たちの望むイメージを描いてしまい、これで営業の実績も上がっていくと思ってしまいやすいということですが、実際に導入してみると使い勝手が悪かったり持て余したりで、導入しただけということになる場合もあります。それはインターネット関係のシステム全てに言えることですが、使うほうが使うことが出来ずに、猫に小判状態ということも多いということです。それならば単純な顧客管理ソフトで十分だったということにもなりかねません。何でもかんでも導入すれば成果が出るという錯覚がシステムという言葉にはあるということです。そのような意味でもインターネット関係のシステム全般では、漠然とした内容ではなく、明確にイメージしてから導入すべきということになります。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です